Shopdeign MORI Communications
ポスター・パンフレット
パンフレット
ここでは、最近の代表的な作品を紹介致します。それぞれにストーリーと意図のあるヴィジュアルから、何かを感じ取って頂きたい。
パンフレット
イベント案内状
ここでは、クライアントの開催する呉服展示会の印象的なツールを紹介致します。クライアントの意図・要望に対しどう応え、集客に結びつけるか?ここが我々の考え所となります。
パンフレット
ダイレクトメール
ポストカードデザイン
ここでは、モリ・コミュニケーションズが企画・運営、プロデュースする飲食店舗「花穂」「HARI」両店舗の年間販促ツール(グラフィックデザインによるストア・トータルブランディング)をご覧頂きます。
パンフレット
(C) MORI COMMUNICATIONS 2007 All Rights Reserved.
MORI Communications
web_catch.gif

ユーザーに何かをアプローチする手段としてパンフレットやDMの重要性は今も非常に大きなウェイトを占めています。こういった販促ツールは「売りたいもの」「アプローチしたい事」を実物以上に昇華させる、より商品価値や企画価値を高めるツールと私たちは考えています。

少し極端な言い方ですが、どんな素晴らしい商品も販促ツールのヴィジュアルひとつで全く売れない場合もあるし、何といったことのないものがツールをきっかけに大ヒットしたりすることもあるのです。それを左右するのがグラフィックデザインという仕事です。大企業が多額の広告費を投じるのは、広告のデザインが商品の命運を左右する、重要性を知っているからです。

私たちの仕事では依頼主から商品を預かった時、その商品がどうすれば「映え」、どうすれば「売れる」のか、これを結びつけるヴィジュアルコンセプト作りに最も長い時間を費やします。特に私たちの場合は「シズル感」という、人間心理に直接触れるヴィジュアルアプローチを最重要視します。
購入すれば(使用すれば、体験すれば、利用すれば)どんな気分になるのだろう?どんな自分と出会えるのだろう?どんな場所でどんなストーリーが生まれるのだろう?といったような「喚起させる」ヴィジュアルとは?ここを徹底的に考え抜くのです。
この「シズル感=喚起させる」という心理効果は、売りたいものが何であれ、全ての販促に言えることであり、商品を見せ、セールスポイントを添えるだけのDM・パンフ製作とは全く一線を画す考え方です。

これらの考えはどんなデザイン事務所でも理解されている基本的な理論です。ただ、それをどこでも実践できているかとなれば話は別です。なぜなら「喚起させる」ほどのヴィジュアルプランを出すには、人の心理を読み取る「プラン」も「アイデア」も、とにかく思案し尽くさなければなかなか具現化する事など出来ないからです。

プランやアイデアという大変な労力を要する作業に、通常、制作会社はなかなか時間を割けないという現実があります。限られた時間の中での膨大な作業、そしてプランもその限られた時間の中のひとつなのです。

しかし私たちは何よりもまずユーザーの心に響く〈喚起〉させるプランがあってこそのDM・パンフ製作だと考えます。山ほど送られてくるDMの中でも捨てられない、印象に残る視覚効果をユーザー様にアプローチするには「心」に響くプラン創造との戦い以外に方法はありません。